銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニックの院長・スタッフが綴るブログです。

《東京銀座の痛くない歯医者》 寝ている間に審美治療

2011.3.28

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

震災かや2週間以上が経過しましたが、銀座の街も少しづつ落ち着きを取り戻してきた感があります。
当初、余震の影響で当院も診療のご予約をセーブしてまいりましたが、先週からは通常通りの診療をさせていただいております。

先週も多くの方に「無痛睡眠治療」での歯科治療をさせていただいました。

30代の女性の方は、歯科治療が特に怖いということで前歯がボロボロになってしまい、前歯の虫歯は神経に達する状態になっていました。
レントゲン画像や口腔内写真をお見せし、ご自身のお口の中がどのような状態にあるかを客観的に見ていただきながら治療計画を行いました。

ご本人も、この際きちんと人前で笑えるくらいに綺麗に治したいというモチベーションがあり、前歯に関してはセラミックでの機能的・審美的回復治療をすることになりました。
初回の「無痛睡眠治療」で、前歯6本の神経の除去治療と審美性仮歯の装着を行いました。

目がしっかり覚めてから鏡をお見せしたところ、感激のあまり泣いてしまいました。
その姿に当院のスタッフももらい泣きしてしまい、私も感無量でした。

歯科恐怖症の方々に今後もこうした医療を続けていきたいなと感じた1週間でした。

震災復旧に向けて

2011.3.23

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

東日本を襲った大震災から2週間弱が経ちました。
大津波に直撃された方々は今でもさぞご苦労をなさっていらっしゃることとお見舞い申し上げます。

当院では、震災復興に少しでも役立つことができないかと、歯ブラシを東京都を通じて寄付させていただきました。
避難所にはお年寄りも多く、口腔環境の悪化によって誤嚥性肺炎になる方がいらっしゃいます。
少しでもお口の中を清潔に保つことができれば、2次災害ともいえる誤嚥性肺炎を予防できると考えています。

我々のような一歯科医院でできることは限られていますが、ささやかな互助の精神がこの国を立ち直らせるのだと信じています。

東日本大震災による診療体制について

2011.3.14

この度、東北地方を中心とした激甚災害が発生いたしました。
被災者の方、また現地にご家族やご親類の方々がいらっしゃいます方々に謹んでお見舞い申し上げます。

当院では、患者さまのため可能な限りの診療を行う予定ではございますが、東京電力が行う計画停電の影響等により予定していた診療を行えない場合もございます。
(現在のところ、東京都中央区は計画停電の対象地域には入っていません。)
また、節電のため使用していない診療室の電気を消させていただく場合がございます。
患者様各位には多大なご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、診療やご予約に関しましてご不明な点につきましてはメールまたはお電話でお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
まだ余震の発生も危惧されておりますので、皆様におかれましてはくれぐれも防災準備を頂きますよう重ねてお願い申し上げます。

院長 田中英生

《東京銀座のインプラント治療》 インプラント治療の成功率

2011.3.10

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日はインプラント治療の成功率についてお話したいと思います。
患者様によく質問される項目の一つにインプラント治療の成功率が挙げられます。

何を以て成功とするかは議論の分かれるところだと思います。。
インプラントの場合、生存率という指標がありますが、これは抜けずに留まっているものを全て指します。機能せずに留まってるだけのインプラントでも生存率に組み込まれるのです。

インプラントが骨と癒合してきちんと噛み合わせることができれば一応は成功と言えるかもしれません。
しかし、インプラントの周囲の歯茎がいつも炎症を起こしていたり、食べるたびにインプラント部分にだけ食べかすが残ってしまうようでは患者様から見て成功したとは言えません。

日常的なケアだけでも十分にインプラント周囲の清潔が保たれるような歯肉組織の獲得や、咬合機能性、審美性などを高い次元で成立させることが本当の成功と言えます。

インプラントを埋めて、くっ付けば成功という安易な成功率はあまりアテにしない方がいいかもしれません。
私もインプラントの成功率を訊ねられた場合には、軟組織の獲得までのお話をするようにしています。

《東京銀座の痛くない歯医者》 麻酔深度について

2011.3.8

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日は当院の「無痛睡眠治療法」の麻酔深度についてお話します。
「麻酔深度」とは全身麻酔や静脈内鎮静法でよく使用される言葉で、読んで字の如く、麻酔状態の深さのことです。

当院の「無痛睡眠治療法」では、鎮静法として静脈内麻酔を使用しています。
麻酔薬は量を多くすれば深く寝ますし、少なければウトウトした状態になります。

歯科麻酔学会のガイドラインとしては、呼びかけに応答する深度で治療を行うことが推奨されています。
しかし、歯科治療に強烈な恐怖心をお持ちの患者様は、浅い麻酔深度では心地よい鎮静は得られず、ずっと緊張状態が続いてしまう方も少なくありません。

私は、最初の歯茎麻酔をする時や親知らずを抜く時は、かなり深く寝ていただくようにしています。
麻酔をされたことさえ記憶にない状態で治療を始め、水を使う時はやや浅めの深度にして、また深く寝ていただき、最後に噛み合わせのチェックの時は完全に覚醒していただくようにしています。

歯科恐怖症患者様に、いかに快適な治療を提供できるかを日々探求しながら「無痛睡眠治療」を実践しています。

《東京銀座の痛くない歯医者》 歯石ケア

2011.3.7

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日は歯石ケアのお話です。
歯石とは、歯に付着したプラーク(歯垢)が石灰化したもので、主に下顎前歯の舌側(裏側)や上顎大臼歯部の頬側(外側)に付きやすい石灰化沈着物です。

お口の中には唾液を出す「唾液腺開口部」があって、頬粘膜の奥の方にある「耳下腺乳頭」や舌の下にある「舌下小丘」というところから大量の唾液が分泌されています。
唾液の成分の中にもカルシウムなどの電解質が多く含まれているため、唾液が溜まりやすい部位では歯石も発生しやすいのです。

この歯石ですが、放置しておくと歯周病の原因となってしまうので定期的なケアが必要です。
具体的には、超音波スケーラーという医療器具によって機械的に除去しなければなりません。一度付着した歯石は歯ブラシでは落とせないからです。

単純に歯石だけを除去することもできますが、その後に歯の表面をツルツルに磨くポリッシングを行うと歯石が付きにくい歯面を得ることができます。
スケーリング+ポリッシングをPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と言います。

当院でもホワイトニングや無痛睡眠治療と並んで人気のコースです。
50%オフキャンペーン中で前歯12本なら¥2,500(税別)で施術可能ですので、気になる方は試されてはいかがでしょうか?

《東京銀座のインプラント》
高度歯周病患者様のインプラント

2011.3.3

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日は重篤な歯周病で上顎の歯すべてを抜かなければならない患者様のお話です。

歯周病と言っても、2~4本程度の局所的なものもあれば、全顎的に歯槽骨の喪失を伴った重篤なものまで様々です。
今回は歯槽骨が水平的に吸収してしまい、上顎すべての歯がグラグラになってしまったケースです。

この患者様は以前かかっていたクリニックで、なるべく歯を残すべく2年以上にわたり治療を続けていらっしゃったそうです。
しかし、一向にご飯がまともに食べられる気配がないため、ご紹介で当院を受診されました。

レントゲン検査をさせていただくと、上顎の歯はすべて骨から逸脱し歯茎に辛うじてくっついている状態です。
全ての歯は重度の動揺を来しており、これではまともな咀嚼は不可能でしょう。

歯を残すために我々歯科医師は懸命の努力をしますが、希望のない歯を無理に残そうとするとお痛みなどの症状を繰り返してしまい、健全な食生活を阻害してしまいます。
歯科医療の究極的な目的は、歯を残すことではなく健全な食生活が可能な口腔機能を患者様に提供することなのではないでしょうか。

当院が提案させた頂いた治療プランは、すべての歯を抜歯して即日にインプラント埋入手術と固定性の仮歯を同日に装着する方法です。
これは「オールオン4コンセプト」という方法で、4本のインプラントで12本の連結した歯を支えるものです。
ただし、歯槽骨が脆弱な上顎の場合には6本程度のインプラント埋入が必要なことが少なくありません。

ご自身の歯は上顎から無くなりますが、インプラントに支えられてしっかりとした咀嚼を行えることの利益は計り知れません。
オールオン4インプラントについての詳細はこちらをご覧ください。

《東京銀座の無痛歯科》 
治療計画・カウンセリングの重要性について

2011.3.1


ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日は治療計画の重要性についてお話をさせていただきます。

当院には様々な目的を持って患者様がお越しになっています。ホワイトニングで歯を白くしたい方、顎関節症の治療を希望される方など様々です。

その中でも、歯科治療に強い恐怖心をお持ちの患者様は「無痛睡眠治療」を求めて当院にお越しになっています。
歯医者にトラウマをお持ちの患者様は、歯医者が思うほど少なくはないのです。

「行かなければ・・行かなければ・・と思いつつ放置してしまったから、、歯がボロボロになってしまった・・。治すにはどのくらいの期間と費用が掛かるんだろう・・」
そんな言葉を患者様からよく聞きます。
ただでさえ歯医者がこの世で最も嫌いなのに、ゴールも見えずに走り続けることはとても困難なことです。

当院では歯科恐怖症の方のみならず、全体的な歯科治療が必要な患者様とは必ずカウンセリングを行うようにしています。
カウンセリングというと、何か高額な治療をするように説得されるようなイメージがあるかもしれません。
しかし、選択肢となりうる治療方法や費用を知ることはとても重要な事です。

ご自身の現在と将来の利益になる治療法を選択するには、情報を正しく理解し知識を深めなければなりません。

歯科治療では健康保険で行えることと、行えないことがはっきりと分かれています。
例えば、右下奥歯3本を重度の虫歯で抜いてしまった場合、保険治療では部分入れ歯しかできません。
しかし、自由診療ではインプラント治療ができます。

治療費用の差は天と地ほどの差があるため、患者様の経済的負担や価値観も大切に考えながら決定しなくてはなりません。
ご自身が笑顔で治療を受けられるよう、納得するまで何回でもカウンセリングを受けてから治療をされることをお勧めします。

《東京銀座の歯医者》 音波振動歯ブラシのご紹介

2011.2.28

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日は音波振動歯ブラシの「プリニア」のご紹介です。
通常の電動歯ブラシは1分間に最大10,000回のストローク(往復)ですが、音波振動歯ブラシは1分間に31,000回のストロークの性能を有しています。

歯の表面に軽く当ててゆっくりと動かすだけで簡単に短時間でプラークを除去することが出来ます。
音波振動は歯茎のマッサージ効果も高く、歯茎の血流を増加させるため、歯肉炎や歯周病の方のケアには最適と言えます。

手ではなかなか綺麗に清掃できない部位も、清潔に保つことのできる歯ブラシですのでご興味のある方は使ってみてはいかがでしょうか?
当院でも受付で販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

《無痛歯科治療》 東京の痛くない歯医者なら

2011.2.26

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日は無痛歯科治療のお話です。
ヤフーなどの検索エンジンで「無痛 歯医者 東京」などと検索すると、無数の歯医者が出てきます。
「痛みの少ない治療」とか「無痛+短期で歯科治療」など、特色を謳ったホームページをたくさん目にすることでしょう。

一口に無痛歯科と言っても内容は様々です。
局所麻酔が痛くないのか・・・、局所麻酔は痛いけれど治療が痛くないのか・・・など。

局所麻酔を無痛で行うには、表面麻酔薬の使用自動麻酔注入器の使用、そして粘膜刺入ポイントの見極めと技術が必要になります。
時間に追われるように急いで麻酔をすると、どうしても圧迫感を与えてしまうので、ゆっくりと優しく注射していくのがコツです。

先日ある患者様から「先生は麻酔名人ね」とお褒めの言葉をいただきましたが、コツコツやってきた甲斐があったなと嬉しく思いました。
《無痛睡眠治療》をはじめ無痛歯科治療に関するあらゆるオプションをご用意することで、歯科に対する恐怖心の弱い方から強い方まで幅広く治療をすることが可能です。

無痛睡眠治療に関するお問い合わせは1日に何件もいただいていますが、必ずお返事させていただきますので気軽にメールでご相談ください。

このページを見た人がもっともよく見るページ