銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

本日はインプラント治療についてお話をしたいと思います。
先日CTシュミレーションソフトを購入し、模擬患者さんで様々なシュミレーショントレーニングをしています。

インプラント治療用CTシュミレーションソフトとは、患者様のCT撮影したデータを専用ソフトに取り込んで、コンピューター上で仮想埋入手術を行うためのものです。
このソフトの開発によって、下顎では下歯槽神経の損傷、上顎では上顎洞粘膜の損傷などの重大な偶発症のリスクを大幅に減らすことができるようになりました。

こういったソフトは10年程前から使っていましたが、ソフトの技術革新は日進月歩で様々なツールが付加されてきています。
コンピュータ画面上でご自身の骨の幅や高さ、また硬度を知っていただき、どの部位にどのようなインプラントフィクスチャーを埋入するのかを術前に患者様にご理解いただくことは非常に重要なことです。

今後もインプラント治療をより安全に行うためのツールを惜しまず導入していきたいと考えています。