銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日は当院のTeez式短期集中治療についてご説明したいと思います。
最近では都心の歯科医院でよく耳にする「短期集中治療」ですが、これは1本の歯に対して「短期」で治療を行うという意味ではありません。
歯に対して「治療」というストレスを与えた時に「作用」と「反作用」が出ます。「作用」とは治療によって痛みがなくなるなどの良い結果で「反作用」とは反対に痛みが出ることを指します。
歯科医師はその「反作用」に十分注意しながら治療を進めるため、1本の歯に対して時間をかけて治していくのです。

しかし、1回の治療で必ず1本しか治療してはいけないかというと、そうではありません。
歯の疾患の重症度にもよりますが、複数本を同時に治療することは可能ですし合理的でもあります。

ただ、やみ雲にあっちもこっちもと治療を始めてしまうと、「右も左も痛くて食事ができない!」や「上が痛いのか下が痛いのか分からない!」ということになってしまいます。
そこで当院では、お口の中を6ブロックに分けて重症度判定をしながらブロックごとに分けて集中治療を行うシステムを取り入れています。
この方法であれば、お食事をできる部分を温存しておいて治療を合理的・迅速に進めていけることが可能です。

ご結婚を控えていらっしゃる方や重要な用事を控えていらっしゃる方は是非このTeez式短期集中治療を受けられてはいかがでしょうか。