銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日は歯科恐怖症で歯医者嫌いの患者様を治療させていただいたお話です。

この患者様は40代の男性の方ですが、幼少期に押さえつけられて歯科治療を受けたことがトラウマで、大人になっても多少のお痛みなら市販の鎮痛剤を飲んで我慢をするようになったようです。
ところが今年の夏くらいから度々眠れないほどの歯痛があり、「無痛歯科」を掲げる歯科医院を3軒もハシゴされました。

無痛歯科」でされた「無痛睡眠治療」は歯茎麻酔をする前に表面麻酔をしてもらい、表面の感覚が少しなくなってからゆっくり注射麻酔をするという方法です。
歯科治療が苦手でない方に対してであれば、これが「無痛睡眠治療」なのかもしれませんが、この患者様の歯科に対する恐怖心は筋金入りです。
麻酔薬が歯茎に入ってくる感覚だけで心臓はバクバクし、呼吸が荒くなり・・で途中で治療を中止してもらったようです。

諦めかけた頃に当院のHPをご覧いただき、「無痛睡眠治療法」を知っていただけました。
この方法であれば、点滴麻酔で最初から眠っていただくので歯茎麻酔の感覚も、歯科治療中の音も匂いも感じることなく快適に治療を受けていただくことができます。

患者様も最初は半信半疑でしたが、睡眠状態で抜髄(神経を抜く治療)を2本、虫歯処置を2本の計4本の処置を一度に行いました。
計2時間の処置時間でしたが、起きられた時の第一声は「これから治療ですか…?」でした。

麻酔費用は自費扱いですが、その他の被せものなどは全て保険適応で行うので、怖いと思う処置にのみ「無痛睡眠治療法」をご利用いただければ費用対効果は高いように思います。
歯科恐怖症で酷い状態のお口が徐々にきれいになっていくのを見ることができるのは歯医者としてとても幸福なことです。