銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 
院長の田中英生です。

今日は私が大学病院口腔外科時代に行っていた他科での研修の話をしたいと思います。
私は医科大学の口腔外科に在籍していたため、医学部付属病院の麻酔科や救命救急センターなどでの研修をさせていただきました。

現在では様々な制約から、歯科医師が医師と同等の研修を受けることはなかなか困難になっているようです。
歯科医師は、大学教育において歯を削ったり入れ歯を作る手技に力点が置かれ、全身管理や他科教育が十分とは言えません。

目の前で診察しているご老人が重大な急変を生じても、即応できるような教育を歯学部ではあまりされません。
歯科治療は人が受ける医療の中で最も緊張とストレスを与えるものであるため、様々な全身症状が出現しやすいにも関わらず、それに対応する能力が卒業時にはあまり備わっていないのです。

麻酔科や救命救急センター、集中治療室での研修は、歯科医師にとっては未知の知識の習得と緊張を必要とするハードな仕事でしたが、今では得難いような様々な経験をさせていただけたなと感じています。
これからも歯科に限らず、医療人でいる間は幅広く知識を深めていけたらなと考えています。