銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

グルーポン特別企画と連動して、今日はホワイトニングで歯が白くなる2つのメカニズムについてお話しようと思います。

メカニズムとしては、ホワイトニングに使用する薬剤に含まれる過酸化水素や過酸化尿素(お口の中で過酸化水素に分解されて作用する)が歯を漂白する作用を持ちます。

歯に塗布された過酸化水素は、ある一定の温度になると活性酸素に変化します。(当院の使用薬剤は最新のLEDライトを照射することで作用を発揮します)
この活性化された酸素が、歯の表面のエナメル質にしみ込んだ色素と結合して酸化・分解して色素を脱色することで歯を白くします。

また、歯の表面には目に見えない微細な傷が存在しますが、活性酸素が傷に作用して光の反射を分散させてエナメル質の光の透過性を低下させます。
ちょうど透明ガラスがすりガラスになるような感じをイメージしていただければ分かりやすいでしょうか。
そうすることによって、歯の内部にある象牙質(黄白色)の色をマスキングして歯を白く見せるのです。

一昔前のように歯の表面を酸で溶かして白くするような方法ではありませんので、歯に対しての副作用はほとんどありません
ホワイトニング後にはハイドロキシアパタイトコーティングもして歯を強くする処置も行います。

この機会に《厚生労働省認可》の最新薬剤による安心のPMTC+オフィスホワイトニングをお試しください。