銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日はインプラント治療の要とも言えるインプラントフィクスチャーについてお話します。
インプラントメーカーは世界で100社以上存在し、現在日本で使用できるインプラントメーカーは50社程度と言われています。

現在では各社のインプラントフィクスチャーを比較して骨癒合の成功率にそれほど大きな差はないと言われています。
成功率を左右するのはむしろ術者の診断能力や技術力の方がウェートは大きいことは事実でしょう。

一旦骨に埋め込み骨癒合したンプラントを取り除くことは非常に難しく、もし除去しなければならないような状況になった場合には患者様に大きなご負担を負わせてしまうでしょう。
取り除かなければならない状況とは、インプラントのヘッドの部分が不可抗力で破折してしまい被せ歯を装着できないような状況です。

そのような偶発症を防止するためにも、インプラントフィクスチャーを慎重に選択しなければなりません。
当院で使用しているインプラントメーカーはノーベルバイオケア社製品のみであり、ノーベルバイオケアは世界のインプラントメーカーのパイオニア的存在で世界シェアも圧倒的な会社です。

大学病院時代から様々なメーカーのインプラントを使用してきましたが、圧倒的な信頼感があるため価格が高くてもこのメーカーを選択せずにはいられませんでした。
被せる歯は取り換えられても、骨に埋めるインプラントは体の一部となります。
インプラント治療を受けられる際は、フィクスチャーにもちょっと関心を持った方がよいかもしれません。