銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日はインプラントの治療費についてのお話です。
インプラント1本あたりの治療費は、都内の平均的相場で25万円~50万円ほどかかってしまいます。
普通の虫歯治療に比べればかなり高額になってしまうのが実情です。

スーパーでも290円のお弁当が飛ぶように売れるデフレ時代ですから、当然インプラント治療費も全体的に価格が下がってきています。
「激安インプラント」や「3本以上なら20%割引」などが当たり前のように広告されるようになってきました。

確かに、やり直しの効く被せ歯や詰め物(クラウンやインレー)であればいいのかもしれませんが、インプラント治療においては違和感を覚えてしまいます。
インプラントとは、骨にチタン製スクリューを埋め込んで骨と癒合させることによって人工歯根とする技術です。


例えば、股関節や膝関節の病気になった時に、安いからと言って少々質の劣る材質を選択して手術を受けるでしょうか?
もちろん、整形外科領域の手術は保険適応なので自己負担額が少なくて済みますから、最も良い材質のもので手術を受ける方がほとんどでしょう。

インプラントも保険適応になればいいのですが、日本の保険医療費のことを考えると今後も期待はできません。
では、やはり少しでも費用の安いクリニックを探してインプラント治療を受けた方がいいのでしょうか?

個人個人の価値観にもよりますが、確かなことはインプラント治療は「歯を入れたらそれで終わりではない」ということです。
人工物を骨内に入れて機能させるわけですから、定期的なメインテナンスが必要になりますし、何らかのトラブルが生じたときには経緯をすべて知っている医師がいた方が安心でしょう。

私が患者なら、担当医の異動の激しい大学病院ではやりたいとは思いません。大学病院のインプラント班に在籍した経緯があるからこその思いです。
重要なのは、一生を通じてご自分のお口の管理を任せられる歯科医師と思えるか否かではないでしょうか。

今後インプラント治療を受ける場合、信頼できるドクターで、かつご費用が納得いくものであり、保証体制がしっかりしている・・など総合的に考えてはいかがでしょうか?