銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日は歯周病(歯槽膿漏)のお話です。
巷でよく耳にする「歯槽膿漏」という言葉は実は俗称で、医学的には歯周病(歯周疾患)というのが正確な表現です。

歯周病は50代では約半数が罹患しているとの調査結果もあり、虫歯(齲蝕:うしょく)と並んで歯科における二大疾患です。
歯周病の種類や病態は様々ですが、最も多いのは慢性歯周炎というプラークコントロール(歯磨き)不足によるものです。

慢性歯周炎の原因となる細菌はお口の中に常時いて、プラーク(歯垢)の中に多く潜んでいます。
このプラークは、バイオフィルムと呼ばれ強固に歯に付着しているので、うがいだけでは落とすことができません。

歯茎(軟組織)から歯(硬組織)が生えるという特殊な環境にあるお口の清掃は、手や顔を洗うよりもテクニックが必要とされます。
歯と歯茎の境目である歯肉溝という部分の清掃が不十分だと、歯周病原因菌から出る毒素によって徐々に歯周組織が破壊されていってしまいます。

進行した歯周疾患では、歯がグラグラしたり歯茎から出血したりと、様々な症状に気づくはずです。

歯周病は、定期検診とメンテナンスで予防できる疾患ですので、1年に1度は歯周病検診を受けられてはいかがでしょうか?