銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日は無痛睡眠治療で行う審美歯科のお話です。
審美歯科というと、未経験の方にとっては美容に主眼を置いた贅沢な治療という思いが強いイメージではないでしょうか?

確かに銀歯を白いセラミックにしたり、前歯を美しく見せるセラミッククラウンは贅沢な治療と言えます。
ただ単に機能的な回復を図るだけであれば、すべてを保険適応の銀歯やプラスチックで行ってもいいかもしれません。

しかし近年、歯の修復物が原因とみられる金属アレルギーを発症する方が増加してきていることをご存知でしょうか?
金属は大きく分けて貴金属と卑金属に分類できます。
その違いはイオン化傾向の差にあります。

イオンというと、何か体に良さそうなイメージがありますが、そのイオンが原因で金属アレルギーのリスクが高まるのです。
お口の中の金属は、唾液に触れることで金属イオンとして漏出し、タンパク質と結合することで生体内に蓄積されていきます。
それは異種タンパクとして免疫反応を惹起することで、金属アレルギーを引き起こすことがあります。

金属イオンとして漏出しやすいものは「イオン化傾向が高い卑金属」、物質的に安定してイオン化しにくいものは「イオン化傾向が低い貴金属」と言えます。
残念ながら日本の保険制度で使用できる金属はほとんどが卑金属で、貴金属を使用した修復物はすべて自費治療となってしまうのです。
金やプラチナの価格は高騰しているため、審美治療に使用する金やプラチナも比較的高価な価格になってしまうのです。

最近では、ジルコニアに代表される強固なセラミック材料の進歩により、金属を全く使わない審美治療が可能となってきました。
ジルコニアは人工ダイアモンドと呼ばれる材料で、少しずつ価格が下がってきており審美治療で広く普及するようになってきました。

審美治療は、ただ単に美容的な面だけでなく、金属アレルギー防止にも効果のある治療法と言えます。
いずれにせよ審美治療をする場合には、きちんとカウンセリングを受けてから必要な治療の選択をすることが重要です。