銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニックの田中英生です。

今日はインプラントにしないためのお話です。
インプラントという言葉はかなり世の中でも認知されてきた言葉ですが、まだまだ誤解の多い言葉でもあります。

インプラントとは、そもそも何らかの原因で不幸にも歯を失った場合に、その欠損を補う方法として進化してきました。
入れ歯では機能性が悪いし、ブリッジでは両隣の健康な歯まで削らなくてなならなかったのが、インプラントの出現によって合理的な機能回復が可能となったのです。

しかし、インプラント治療を万能の治療法と捉えるのには違和感を覚えます。
例えば、先日あるモデルさんが歯並びを一気に治すのにインプラントはどうか?と尋ねていらっしゃいました。
一瞬???と思ってしまいましたが、ガタガタの前歯を抜いてインプラントにすれば全てが綺麗になるのではと思われたとのことでした。

インプラントとは天然の歯の形態や機能を模倣することによって審美・機能回復を図る治療手段ですから、健康な天然の歯に勝ることはありません。
我々口腔外科出身のインプラントを専門とする歯科医師でも、いかに天然の歯のような審美性や機能性を回復させるかに日夜努力を払っていかなければ、良好な結果を患者様にもたらすことが出来ないのです。
ですから、インプラントにした方が綺麗で長持ちするといった理屈は誤った認識と言えるでしょう。

インプラント治療は欠損を回復させる手段としては素晴らしい治療法の一つですが、やはり一番はインプラントにしなくても済むように日ごろからのケアと歯科検診を行うことが重要です。
私もインプラント治療の経験を積めば積むほど、天然の歯の素晴らしさを再認識させられる毎日です。

1本でも多くの歯を残せるよう、今後も努力をしていきたいと改めて思いました。