銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日は当院の「無痛睡眠治療法」の麻酔深度についてお話します。
「麻酔深度」とは全身麻酔や静脈内鎮静法でよく使用される言葉で、読んで字の如く、麻酔状態の深さのことです。

当院の「無痛睡眠治療法」では、鎮静法として静脈内麻酔を使用しています。
麻酔薬は量を多くすれば深く寝ますし、少なければウトウトした状態になります。

歯科麻酔学会のガイドラインとしては、呼びかけに応答する深度で治療を行うことが推奨されています。
しかし、歯科治療に強烈な恐怖心をお持ちの患者様は、浅い麻酔深度では心地よい鎮静は得られず、ずっと緊張状態が続いてしまう方も少なくありません。

私は、最初の歯茎麻酔をする時や親知らずを抜く時は、かなり深く寝ていただくようにしています。
麻酔をされたことさえ記憶にない状態で治療を始め、水を使う時はやや浅めの深度にして、また深く寝ていただき、最後に噛み合わせのチェックの時は完全に覚醒していただくようにしています。

歯科恐怖症患者様に、いかに快適な治療を提供できるかを日々探求しながら「無痛睡眠治療」を実践しています。