銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日は午前と午後2件の「無痛睡眠治療」での抜歯をしました。
いずれも女性の患者様で、以前に通っていた歯医者さんから「抜いたほうがいいよ」と言われていたそうなんですが、抜歯の恐怖で放置されていたとのことでした。

ともに親知らずは下あごで、歯の頭の部分が少しだけ顔を出していますが、ほとんどは骨の内部に埋まっています。
このような状態を水平埋伏とか半埋伏といいますが、抜歯の難易度としてはやや高めの状態です。

このような親知らずの抜歯では、被っている歯肉をメスで切開して親知らずと周囲の骨を露出させます。
次いで抜く歯をいくつかに分割して抜去していきます。

一昔前では、親知らずの周囲の骨を削って抜歯していたようですが、骨を削れば削るだけ腫れやお痛みは大きくなってしまいます。
現在では可能な限り骨には触らず、親知らずを分割してダメージを少なくする抜歯法を採用するクリニックがほとんどです。

ダメージの少ない抜歯法で手術したとしても、やはり親知らずの抜歯は怖いと感じる方が少なくありません。
当院でも親知らずの抜歯をされる患者様の半数が「無痛睡眠治療法」を選択されていらっしゃいます。

親知らずでお悩みの方は是非一度当院までご相談ください。