銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日は総入れ歯についてのお話です。

総入れ歯の作成手順は大きく分けて4段階あります。
①型取り
この時重要なのは、頬粘膜や舌を動かしながら型を取ることです。これを動的印象と言いますが、実際にお口の中の筋肉の動きを再現した歯型を得るために必要です。
②咬合採得
総入れ歯になってしまった方は噛み合わせの高さが分からなくなっています。噛み合わせが高すぎると食事がしづらく、低すぎると顎関節にダメージを与えてしまいます。
適正な高さを再現するために必要な処置です。
③試適
咬合採得で得られた噛み合わせで実際に歯を並べて噛み合わせてみる工程です。左右のバランスや歯の色調などを確認します。
④完成
完成した入れ歯を調整して装着します。その後も定期的な調整・メインテナンスを行います。

上記は健康保険適応の入れ歯製作の手順ですが、自費診療の入れ歯製作では更に精密さを求めるために工程が加えられます。

私は大学病院口腔外科にいる時には入れ歯製作とは程遠い仕事ばかりしていて、正直入れ歯の治療は苦手分野でした。
しかし那須塩原の病院に赴任すると、口腔外科手術やインプラント診療よりも入れ歯治療ばかりする生活になったのです。
その病院は那須の基幹病院ですが、近隣には老人介護施設も多く、訪問診療での入れ歯治療に多くの需要がありました。

訪問診療で訪れたお宅の寒い和室で、正座しながら入れ歯を作る生活を続けるうちに少しづつ入れ歯製作のコツのようなものが見えてきました。
入れ歯製作は、まさにステップバイステップの治療であり、途中の工程で不具合があるのを見過ごしてしまうと最終段階で取り返しのつかない失敗作となってしまいます。
出来の悪い入れ歯ほど苦痛なものはありません。

入れ歯の種類も数年前に比べると便利なものがたくさん出てきています。
シリコン付きでぴったりフィットするものや、インプラントマグネットで固定するもの、また金具のない部分入れ歯(バルプラスト)など様々です。

入れ歯でお困りの方は是非一度ご相談ください。