銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日は入れ歯でお困りの患者様へのマグネットデンチャー(磁石式総入れ歯)のお話です。

ご自身の歯を全て失い、総入れ歯になさっているご高齢の方は少なくありません。
総入れ歯にした当初は、土台となる歯槽骨もあり安定していますが、時間が経つにつれ歯槽骨が吸収(痩せて)してしまいます。
そうなると、お口の中で入れ歯が不安定になり満足にお食事をすることが困難になってしまいます。

うまく噛めないので、咀嚼せずに飲み込んでしまうために今度は胃腸などの消化管の病気へと発展してしまうケースもあります。
もう一度しっかり咀嚼をするためには、オールオン4などのインプラント治療が優れていますが、治療費が高額になってしまうためどなたでも出来るものではありません。

しかし、マグネット(磁石)を応用したインプラント治療であればオールオン4に比べ低コストで入れ歯の安定性を得ることが可能です。

両側の犬歯相当部付近にインプラントを2本埋入し、そこに磁石とくっつく金属を設置します。
インプラントに付ける金属自体は磁石ではないので、MRI検査等の障害にはなりません
総入れ歯の方に磁石を装着させると、2本の磁石の効果で総入れ歯は高い安定性を発揮します。

入れ歯の種類にもよりますが、この方法であればインプラント埋入費用(25万円×2本分)+磁石代(5万円×2)+保険の入れ歯代(数千円)のコストで治療が可能です。
決して安い治療ではありませんが、食事でのストレスがなくなることを考えると価値はあるのではないでしょうか?