銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。


今日はインプラント治療の成功率についてお話したいと思います。
患者様によく質問される項目の一つにインプラント治療の成功率が挙げられます。

何を以て成功とするかは議論の分かれるところだと思います。。
インプラントの場合、生存率という指標がありますが、これは抜けずに留まっているものを全て指します。機能せずに留まってるだけのインプラントでも生存率に組み込まれるのです。

インプラントが骨と癒合してきちんと噛み合わせることができれば一応は成功と言えるかもしれません。
しかし、インプラントの周囲の歯茎がいつも炎症を起こしていたり、食べるたびにインプラント部分にだけ食べかすが残ってしまうようでは患者様から見て成功したとは言えません。

日常的なケアだけでも十分にインプラント周囲の清潔が保たれるような歯肉組織の獲得や、咬合機能性、審美性などを高い次元で成立させることが本当の成功と言えます。

インプラントを埋めて、くっ付けば成功という安易な成功率はあまりアテにしない方がいいかもしれません。
私もインプラントの成功率を訊ねられた場合には、軟組織の獲得までのお話をするようにしています。