銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

News around Teez Dental Clinic

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

本日より最新型歯科用CTを導入いたしました。
インプラント治療や根管治療などの精密な診断が院内で可能となります。

気になる被ばく量ですが、撮影範囲の大きさによりますが0.02~0.12mSvとなっております。
他の被ばく線量と比較をしてみると・・・
健康診断時の胸部レントゲン撮影:0.05mSv
東京~ニューヨーク往復による宇宙線被ばく:0.19mSv
頭部X線CT(1回):2.0mSv
胸部X線CT(1回):6.9mSv

いかに最新型歯科用CTが低線量であるかがお分かりになろうかと思います。
しかも治療対象とする歯や部位だけをフォーカスしてCT撮影が可能なので、およそ0.02mSvの線量で高精度な診断が可能となります。

当院で、インプラント治療や審美治療などを受けられる患者様の治療精度の向上に役立つものと思っています。