銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

今日はインプラントの内部構造のお話です。
「インプラントがネジのようになっているのは分かるけれど、それにどうやって歯を被せるの?」というご質問を度々受けます。

実はインプラントは外側もネジですが、内側にもネジの構造が存在しています。
インプラント内部に「アバットメント」という心棒を固定し、その上に上部構造としてのセラミッククラウンを被せる構造になっているのです。

この「アバットメント」も従来はチタン製や金製のものが主流でしたが、前歯などの審美領域では白くて丈夫な「ジルコニアアバットメント」を使用するのが常識になってきています。

将来的に、インプラントを埋入した部位の歯肉が退縮(痩せる)時に、金属製のアバットだと金属が露出し格好悪くなってしまいます。
しかし、「ジルコニア製アバット」であれば、上部構造のセラミックの色と同一にすることができるため、歯肉退縮が生じたときにも審美性が著しく損なわれることがありません。

前歯のインプラントは非常にデリケートな治療ですので、審美性を考慮した最高の材質を使用する方がよいでしょう。