銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 院長の田中英生です。

右下奥歯2本の欠損で、無痛インプラント治療を行ったケースをご紹介します。

この患者様は歯科治療に強い恐怖心をお持ちの方で、当院の「無痛睡眠治療」で寝ている間にインプラント手術を行ったケースです。
インプラント埋入に必要な骨量は十分にありましたが、欠損になっていた期間が長く頬側の歯肉がかなり痩せてしまっていました。


この時重要になってくるのが「角化歯肉」というものです。「角化」とは文字通り「角質化した」歯肉のことで、この歯肉が失われると歯やインプラントに対するバリア機能が失われてしまいます。

この患者様の場合、インプラント埋入をした後に舌側に残っていた角化歯肉を頬側に移動する手術を行い、良好な角化歯肉を得ることが出来ました。
これにより、インプラント周囲の清掃性が向上し長期間にわたってインプラントのメインテナンスがしやすくなります。





ただ単に「痛くない治療だけ」ではダメですし、「噛めればいいだけ」の治療でも良くありません。
長期間にわたってお口の中で快適に機能するインプラント治療を行うのが治療を行う者の責務と言えます。