銀座の歯科医院(インプラント・無痛睡眠治療・審美歯科・歯科口腔外科) 医療法人社団 英医会 ティーズ銀座デンタルクリニック Teez Ginza Dental Clinic

ティーズ・ブログ Teez Blog

ティーズ銀座デンタルクリニック 
院長の田中英生です。

今日はインプラント手術における滅菌の重要性についてのお話です。

「滅菌」という言葉を皆さんは耳にしたことはありますか?
「消毒」「除菌」という言葉はよく聞くと思いますが、「滅菌」と聞いてピンとくる方は医療関係者以外では少ないのではないでしょうか。

「滅菌」とは芽胞を含むすべての微生物やウィルスは死滅あるいは除去することを言います。
これに対し、「消毒」とは病原性の微生物を、害のない程度まで減少させることを言います。「除菌」とは「消毒」よりも少し意味合いの弱い言葉で、一部の微生物でも減らせば「除菌」となります。

昨今、一般歯科診療においても使用する器具類は全て「滅菌」をするのが常識となっています。
洗浄しただけでは、何か病気をうつされないか心配ですよね!
金属製の器具では「オートクレーブ」という強力な圧力鍋のようなもので「滅菌」を行っています。
「オートクレーブ」にかけられないものはディスポの使い捨てを使用します。

インプラント手術においては骨を対象とするため、更に厳格な清潔性が要求されます。
術者が着る手術着や手袋など全て滅菌済みのものを購入し、器具類も高いレベルでの厳格な滅菌が要求されます。

お口の中は常在菌が数多く存在し、歯と歯茎が混在する複雑な組織ですから完全な消毒を行うの困難ですが、手術において不慮の感染症を予防するためにも「器具類の完全滅菌」と「口腔内の可及的消毒」を怠ってはいけません。

外科医は「滅菌」されたものを「清潔」といい、それ以外は消毒程度をした状態を含めて「不潔」と言うのです。
このあたりも世間でいう「清潔と不潔」とはかなり意味合いが異なるのです。